「中日-広島」(28日、ナゴヤドーム)

 広島が二回に一挙4点を先制した。

 まず会沢の中前打と堂林の犠打で1死二塁の好機を作ると、8番・田中広がカウント2-2から高めに浮いたスライダーを捉え、中前適時打で先制した。

 続く森下の犠打で再び2死二塁のチャンスを作ると1番・ピレラが高めのスライダーを振り抜き、しぶとく三遊間を破って追加点を挙げた。さらに2死一、二塁から初回にヒットを放っている西川が5球目の外角スライダーにうまくバットを合わせて左翼線に2点適時二塁打を放った。

 梅津の高めに浮いたスライダーを鯉打線が逃がさずにこの回4安打を集め、計4点を入れた。前回デビュー戦では力投の森下に援護は1点だけ。逆転サヨナラ負けで初勝利はお預けとなったが、この日は序盤からしっかり援護した。