◆JERAセ・リ-グ ヤクルト―巨人(28日・神宮)

 巨人の4番・岡本和真内野手(23)がチーム5点目となる適時打を放った。2回に4点を先制し、なおも2死一、二塁の場面。ヤクルトの2番手・寺島の内角カットボールをつまり気味ながらセンター前へ運んだ。

 岡本はこの適時打で開幕2戦目から8試合連続安打。この日の試合前まで4割3分8厘でリーグトップの打率をマークし、首位のチームをけん引している。

 岡本「ランナーをかえせて良かった。いい方向にしっかり打ち返せました」