バルセロナのリオネル・メッシが披露した“アイデア”が話題を呼んでいる。

 現地時間6月27日に開催されたラ・リーガ第32節で、2位のバルサは16位のセルタと対戦。0-0で迎えた20分だった。

 敵ゴール前で得たバルサのFK。蹴るのはもちろん、いまや世界屈指のフリーキッカーとなったメッシだ。

 最近ラ・リーガで頻繁に見られるメッシの「FK対策」として、セルタはGKの両脇に選手を配した。すると、バルサの10番はその裏をかく。

 直接狙うと見せかけて、なんとファーサイドでフリーとなっていたルイス・スアレスへピンポイントパス。ウルグアイ代表FWが見事にヘッドでネットを揺らしたのだ。

 この咄嗟の判断を現地メディアは称賛している。

『AS』紙が、「歴史的だ。セルタの守備に対して、見たこともないプレーをやった」と称えれば、『MARCA』紙も「メッシの発明。誰よりも賢いレオは、ファーサイドでスアレスにフィニッシュさせることを選択した」と絶賛している。

「メッシ対策」の上を行ったバルサの10番。ただ、二度のリードを追いつかれ、2-2のドローで終わってしまったのは痛恨だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】メッシ対策を打ち破る!まんまと敵の裏をかいた驚愕FKはこちら