◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト9―6巨人(27日・神宮)

 巨人はヤクルトに逆転負けを喫した。

 初回に田口が4連打を浴び2失点。先制点を献上したが、2回以降は立ち直り、3回からは毎回三者凡退に抑えた。

 2点を追う6回に岡本がバックスクリーンへの特大ソロ、パーラの2ランで逆転に成功。1死二塁で田口もタイムリー二塁打を放ち、代走が送られた。田口は5回2失点と粘投した。

 2点リードの展開で中継ぎ陣が崩れた。6回、2番手の高木が村上にソロを浴び1点差。1死一、二塁で宮国に交代したが、四球で満塁とし、代打の青木に適時二塁打を許した。4番手の藤岡も四球を与え再び満塁。山田哲の満塁弾で、この回一挙7失点した。

 5点を追う巨人は9回1死から丸、岡本の連打で一、三塁。代打・石川がライトへ適時打を放つ。2死一、二塁で代打・岸田がレフトへタイムリーを放ち、プロ初安打初打点をマーク。3点差に迫ったが、最後は大城が空振り三振に倒れ、ゲームセットとなった。