<ヤクルト9-6巨人>◇27日◇神宮

ヤクルトの若き主砲村上宗隆内野手が、反撃ののろしを上げた。

2-4で迎えた6回、フルカウントからファウルで粘り、巨人2番手高木の9球目、甘く入った144キロ直球を豪快に左中間スタンド上段まで運び1点を返した。「先頭打者でしたので、塁に出ることを心がけて打席に入りました。追い込まれていたので、コンパクトに強くをイメージして打ちました。流れを変えるホームランになるといいです」とコメントした。