<ヤクルト9-6巨人>◇27日◇神宮

今季初めてベンチスタートとなったヤクルトのキャプテン青木宣親外野手が、一振りで決めた。

3-4で迎えた6回1死満塁、代打で打席へ。巨人宮国の初球140キロシュートをとらえ、左中間へ。適時二塁打を放ち、2点を挙げて勝ち越した。「四球の後だったので、初球から打てる球は打とうと思っていました。いい仕事ができたと思います」とコメントした。