「中日6-1広島」(27日、ナゴヤドーム)

 広島は連勝が2でストップ。先発床田が2回3失点で今季初黒星を喫した。

 床田は初回2本の適時打で2失点。二回も先頭の7番・京田に右翼フェンス直撃の単打を打たれ、2死三塁で平田に左前適時打。3点目を献上した。三回の攻撃で打順が巡ってきたところで代打を送られ、45球で降板となった。

 早めの継投で流れを変えようとした佐々岡監督だったが、打線は中日・吉見の緩急を使った投球に苦戦。四回に松山が適時打を放ち追い上げたが、六、七回に追加点を奪われてリードを広げられた。

 中日は1番で起用された平田が3安打と活躍し、連敗を4でストップ。吉見は5回1失点で今季初勝利を飾った。