左尺骨骨折のためリハビリ中の巨人・小林誠司捕手(31)が27日、ジャイアンツ球場で練習した。26日に続き、左腕に包帯を巻いて室内練習場に登場。ネットスローや右腕だけを使ってのティー打撃などで汗を流した。

 ティー打撃をする際、隣のケージでバットを振っていた山下航汰外野手(19)と談笑する姿も見られた。