「DeNA-阪神」(26日、横浜スタジアム)

 阪神が同点のチャンスを生かすことができなかった。

 1点を追う八回。七回まで3安打に抑えられているDeNA・今永に対し、先頭の陽川が左前打で出塁。代走江越を送ると、梅野が送りバントを成功させる。投手・西勇への代打原口は捕邪飛に倒れたが、近本が四球を選び、2死一、二塁とチャンスをつないだ。

 ここで矢野監督は、2番・北條に代えて代打糸原。しかしカウント1-1からの3球目はボテボテの二ゴロとなり、得点を挙げることはできなかった。

 この日は左腕・今永対策として、ボーアや糸井がスタメンから外れ、2番に北條、3番に大山、6番に上本、7番に陽川と右打者が並んだ。勝負どころで左打者の糸原を送り込んだが、結果は実らなかった。

 ピンチを切り抜けた今永が左手で力強くガッツポーズをつくった。