<ロッテ6-5オリックス>◇26日◇ZOZOマリン

アクシデントを乗り越えられなかった。オリックス山岡泰輔投手(24)が初回、3球を投じたところで左脇腹に違和感を感じ、緊急降板。先頭の荻野を1球で中飛に打ち取り、1死を取ったが、2番角中に2球目を投げた際に三塁側ベンチに向かって首を横に振った。病院には行かなかったが、離脱の可能性もある。

2番手でスクランブル登板した鈴木は、この日に1軍昇格したばかりだったが3回0/3を3安打2失点と試合を作った。その後は救援陣が懸命にバトンをつないだが、8回に海田が捕まり、逆転負け。同一カード4連敗に、西村監督は「(救援の)鈴木優、比嘉、山田、増井まで頑張ってくれた。8回まで3点差(リードで)リリーフは逃げ切り態勢だったんですが…」と唇をかみしめた。

開幕から7試合が終わり、1勝6敗の借金5。この日の試合前、オリックス本社の定時株主総会が都内のホテルで開かれ「球団についての説明や質問がなかったが、どのように考えているのか」と質問が出た。井上グループCEOは「(開幕6戦で)1勝5敗の最下位、頭が痛いですね。オリックスグループの広告塔として最下位では格好が悪い。なんとしてもAクラスには入ってもらいたい」と厳命していた。だが、現場は期待に応えられなかった。

初回にジョーンズが先制の2号2ランを放つなど、勢いはあった。指揮官は「次に向けてやっていかないといけない」と腕を組んだ。それでも、6月の夜風は冷たかった。【真柴健】