6月26日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第4回戦は、6対5で千葉ロッテが勝利。打線が8回に集中打で試合をひっくり返し、チームは6連勝。2番手の小野郁投手はプロ初勝利をマークした。 千葉ロッテ先発の石川歩投手は初回、2死2塁からオリックスの4番・ジョーンズ選手に2号2ランを浴び、先制点を献上。4回表には、安達了一選手の1号ソロ、若月健矢選手の適時打でさらに2点を失い、6回打者28人に対し100球、7安打3四死球4失点の内容で降板した。

 初回から追う展開となった打線は2回裏、井上晴哉選手の適時打の適時打で1点を返すと、4回裏にはレアード選手の4号ソロで2点差に。7回表に登板した小野郁投手が吉田正尚選手の適時二塁打でさらに1点を失ったが、8回裏に打線がつながった。

 2対5と3点を追う8回裏、清田育宏選手の二塁打から好機を演出すると、マーティン選手、中村奨吾選手の連続適時打で1点差に。なおも2死1,2塁の場面で藤岡裕大選手が2点適時二塁打を放ち、この回4得点。オリックスの6番手・海田智行投手を捉え、6対5と逆転すると、9回表は守護神の益田直也投手が走者を背負いながらも無失点で締め、試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発の石川投手が6回4失点と苦しんだが、終盤に打線がつながり逆転。11安打で6得点を挙げ、チーム6連勝を飾った。敗れたオリックスは、先発の山岡泰輔投手だったが、3球を投じたところで脇腹に違和感を覚え緊急降板。この緊急事態を託されたリリーフ陣は好投でつないだが、8回裏に海田投手が崩れた。

  123456789 計 オ 202000100 5 ロ 01010004X 6 オ 山岡泰輔-鈴木優-比嘉幹貴-山田修義-増井浩俊-●海田智行-吉田一将 ロ 石川歩-○小野郁-S益田直也 文・東海林諒平