<DeNA6-0阪神>◇26日◇横浜

阪神ドラフト6位の小川一平投手がDeNA打線につかまった。0-1の8回に2番手で登板。先頭のソトに右前打を許すと、続くオースティンに2ランを被弾。その後2死を奪うもあと1アウトが遠く、4安打と四球でこの回5点を失った。

開幕4戦目の登板だったが被安打6、自責点5はともにワースト。矢野監督は「全員勝ちパターンでいければいいけど、そういうわけにはいかない。他のメンバーもいる中でトータル的に小川という判断をした。もちろん俺の責任」と話した。

▽阪神福原投手コーチ(1点差の8回にルーキー小川を投入)「ああいう場面で投げていかないといけないピッチャーだと思うし、抑えられるだけのピッチャーだと思う。開幕の時も悔しい思いをしたと思うけど、乗り越えてほしい。今日みたいな展開でしのいでいくことも大切。なんとか今いるメンバーで頑張っていきたいと思っています」