「ロッテ6-5オリックス」(26日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテが逆転勝ちで6連勝、開幕戦こそ敗れたが6勝1敗で単独首位をキープした。

 ロッテは3点を追う八回、オリックス6番手の海田を攻め、先頭の清田が二塁打。続くレアードは右飛に倒れたものの1死三塁からマーティンの適時二塁打で1点を返した。続く中村奨の中前適時打で1点差とし、2死となったが一、二塁から藤岡の2点適時二塁打で逆転に成功した。

 七回から登板した6年目の2番手小野が、2回1失点ながら打線の援護もありプロ初勝利を挙げた。九回を締めた益田は、今季3セーブ目を挙げた。

 オリックスは一回にジョーンズが2号2ランを放って先制。1点リードの三回には安達の1号ソロなどで2点を奪った。七回には吉田正の二塁打で1点を追加したがリードを守れなかった。

 開幕投手の山岡が、初回途中に左脇腹違和感で降板。緊急登板となった鈴木は打線に援護してもらったが、救援陣がリードを守ることができず4連敗。1勝6敗で単独最下位となっている。