「楽天7-1日本ハム」(26日、楽天生命パーク宮城)

 日本ハムの先発・有原航平投手は6回10安打5失点(自責4)で降板。初勝利はお預けとなり、今季2敗目を喫した。

 毎回走者を背負う苦しいピッチングになってしまった。1点を追う四回には2死二、三塁から辰巳にストレートの四球を与え満塁。続く茂木は打ち取った当たりだったものの、適時内野安打となった。なおも満塁のピンチで鈴木には押しだしの死球を与えた。

 有原は「ランナーを背負って投げる場面が多く、リズムになかなか乗れない投球になってしまった結果、大量失点してしまい、チームに迷惑をかけてしまいました。真っすぐも変化球も制球面で課題を残す形になったので、次回登板に向けてこういうことがないように修正したいです」とコメントした。