◆JERAセ・リ-グ ヤクルト―巨人(26日・神宮)

 巨人は4点を追う7回に亀井が適時二塁打を放って1点を返した。

 6回に菅野が突如5点を失い逆転されるまさかの展開だったが、G打線がすぐに反撃ののろしを上げた。1死から大城が振り逃げで出塁。代打・吉川尚が右前安打を放って1死一、三塁でチャンスを広げた。

 そして代打・亀井が2球目を右翼線に弾き返して大城が生還し1点を返した。一塁走者の吉川尚も一気に本塁を狙ったが、間一髪でタッチアウトとなり、試合は2―5となった。