◆パ・リーグ公式戦 西武―ソフトバンク(26日・メットライフ)

 糸を引くように伸びた打球は、中堅右に吸い込まれていった。3回2死、山川穂高内野手(28)が3号ソロ。初回の2号2ランから2打席連続のアーチを放ち「打てて良かったです」とコメントした。

 3年連続のパ・リーグ本塁打王を狙う7年目のシーズン。上々のスタートを切った。