「中日-広島」(26日、ナゴヤドーム)

 広島が一発攻勢で幸先良く先制した。

 二回、まずは先頭の4番・鈴木誠。フルカウントから中日先発・大野雄の低めツーシームを捉えた。ライナー性の打球は伸びて左中間スタンドギリギリに飛び込む先制ソロ。「しっかり捉えることが出来ました。良い先制点になって良かったです」。開幕から7試合目で早くも今季4号と、主砲が圧倒的な長打力を見せつけている。

 続く5番・メヒアもカウント1-1からスライダーを捉え、これまた左中間スタンドギリギリへのソロ。「積極的に振りにいけました。(鈴木)誠也が前にホームランを打っているので続くことが出来て良かった。良い感触で打つことが出来たね」と納得げ。メヒアにとってはうれしい今季第1号となった。