国際サッカー連盟(FIFA)が25日、東京五輪の1年延期に伴い、男子の出場資格を1997年1月1日以降に生まれた選手とオーバーエージ枠3枠とすることを決めた。オーバーエージ以外では、24歳でも出場できる。

 これを受けて、U-23日本代表の森保一監督は日本サッカー協会を通じてコメントを発表。「東京五輪までの一年という時間のなかで、ともに活動してきた選手たちがさらに経験を積んで成長し、個々のプレーもよりクオリティが高いものをお見せすることができます。チーム作りにおいても、より成熟してパワーアップし、金メダル獲得のための活動をしていきたいと思います」