◆JERAセ・リーグ 巨人5ー5広島=延長10回規定により引き分け=(25日・東京ドーム)

 広島は終盤に2点のリードを守れず、今季初の引き分けとなった。2回にプロ11年目の堂林が2ラン。17年5月31日以来、自身3年ぶりの本塁打で先制した。1点を追う7回にはピレラが同点の適時二塁打を放つなど打線の粘りで2点を勝ち越したが、リリーフの今村、菊池保が7、8回に失点し、痛み分けに終わった。

 今村は2球目、菊池保は初球を捉えられて失点しており、佐々岡監督は「終盤の投手には、入りというのをいつも言っている。経験のある投手なんだし、一発のある打者に失投は避けないと」と注文。「今年はこういうルール(延長10回制)で、最低引き分けという中で戦っている。引き分けに終わったけど勝ちきれなかった」と悔しそうだった。