6月25日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第3回戦は、序盤に大量リードを得た千葉ロッテが5対0で白星を挙げ、見事5連勝を飾った。

 千葉ロッテは初回、先頭の荻野貴司選手から3者連続四球で出塁すると、押し出しで先制に成功する。なおも満塁の場面でオリックスの先発・村西良太投手が投じた直球を6番・中村奨吾選手がホームランラグーンに運び、この回一挙5得点。序盤から大量リードを奪う。

 5点の援護に恵まれた千葉ロッテの先発・岩下大輝投手は武器である力強い直球を軸にオリックス打線をねじ伏せ、6回途中4安打無失点の内容で降板。6回途中から東條大樹投手、7回表は石崎剛投手、そして8回表は田中靖洋投手が安定感のあるピッチングでリードを守る。最終9回表は中村稔弥投手が得点圏に走者を背負うも、冷静な投球で無失点に抑えて試合終了。千葉ロッテが5対0で勝利した。

 勝利した千葉ロッテは、先発・岩下大輝投手が5.2回4安打5奪三振1四球無失点の投球内容で試合を作った。打線は初回にめぐってきた好機を中村奨吾選手の2号満塁弾でものにした。しかし2回以降、得点圏に走者を置く場面もあったがあと一本が出ず、明日以降への課題が残った。

 一方、敗れたオリックスは、先発・村西良太投手が初回に痛恨の満塁弾を浴びるなど、3回3安打6四球5失点と大きく崩れた。打線は8安打を放ちながらも無得点に終わり、悔しい完封負けを喫した。

  123456789 計 オ 000000000 0 ロ 50000000X 5 オ ●村西良太-神戸文也-吉田一将-澤田圭佑 ロ ○岩下大輝-東條大樹-石崎剛-田中靖洋-中村稔弥 文・後藤万結子