6月25日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと北海道日本ハムの第3回戦は、投打がかみ合った北海道日本ハムが8対5で勝利し、連敗を「2」で止めた。

 北海道日本ハムは初回、2番・大田泰示選手が楽天の先発・塩見貴洋投手の高めに浮いた直球を左翼席にたたき込む2号ソロで1点を先制。そして3回表、先頭の8番・野村佑希選手がプロ初安打を放つと、1番・西川遥輝選手に適時打が飛び出し、貴重な追加点を得る。

 4回裏には4番・中田翔選手に2試合連続となる3号ソロが飛び出し、5回表には大田選手に2点適時打が生まれる。さらに6回表、2死1,2塁の場面で野村選手が2点適時二塁打を放ち、プロ初打点を記録。スコアを7対1とした。

 この試合が来日初登板の北海道日本ハム先発・バーヘイゲン投手は緩急のある投球で楽天打線につけ入る隙を与えず、3回に足で1点を奪われるが大きく崩れることなく6回3安打2失点(自責1)で勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りた。

 7回から継投に入った北海道日本ハムだが、2番手・公文克彦投手が楽天打線につかまり2点を献上。しかしリードは譲らず、8回表には8番・野村選手が再び適時打を放ちスコアは8対4に。

 北海道日本ハム4点リードで迎えた最終9回裏は、守護神・秋吉亮投手が犠飛で1点を失うも、なんとか粘りを見せて試合終了。8対5で北海道日本ハムが勝利した。

 勝利した北海道日本ハムは、先発・バーヘイゲン投手が6回3安打2失点(自責1)の快投で来日初勝利を手にした。打線は、野村佑希選手が3安打3打点の大活躍でプロ初安打、初打点をマーク。

 一方の敗れた楽天の先発・塩見貴洋選手は4.2回7安打5失点と不本意な内容となった。また、2番手・宋家豪投手、4番手・酒居知史投手も北海道日本ハム打線の勢いを止めることができず。打線は後半に反撃を見せるも、あと一歩及ばなかった。

  123456789 計 日 101122010 8 楽 001001201 5 日 ○バーヘイゲン-公文克彦-玉井大翔-宮西尚生-秋吉亮 楽 ●塩見貴洋-宋家豪-津留埼大成-酒居知史-安樂智大 文・後藤万結子