◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト3x―1阪神(25日・神宮)

 ヤクルト・長谷川宙輝投手(21)は1点ビハインドの9回から登板。1回を3者凡退に封じた直後にチームがサヨナラ勝ちし、4年目でプロ初勝利を挙げた。

 昨季までソフトバンクの育成選手。少年時代はヤクルトのファンクラブに入会していた。聖徳学園高では神宮に縁はなし。劇的なウイニングボールを受け取ると「まさかこんな最高な形で初勝利を迎えると思っていなかったので、すごくうれしいです。チャンスができたので、サヨナラホームランあるんじゃないかと自分でも思っていたことが現実になりました。忘れられない初勝利になりました」と興奮を隠せなかった。