プロを目指す高校3年生救済へ、日本野球機構(NPB)と日本高野連がタッグを組んだ。日本学生野球協会は25日、都内で理事会を開き、日本高野連が申請したプロアマ共催による「合同練習会」の実施を承認した。プロ志望届を提出した高校生の希望者を対象に、8、9月の週末に行う。新型コロナウイルス感染拡大で大会中止が続き、スカウト視察の機会も限られた。10月26日の今秋ドラフト前に、選手の力量をみるトライアウト的機会となる。

   ◇    ◇    ◇

日本高野連・八田会長 特にプロを目指す3年生のアピールの場を作ってあげようということで、特例で承認された。高校野球は教育の一環であり、球児にそういう場を設けてあげたいという思いが通じたのではないか。