<ヤクルト3-1阪神>◇25日◇神宮

阪神梅野隆太郎捕手(29)が値千金の先制ソロを放った。

0-0の8回先頭。この回から登板した2番手マクガフを捉えた。フルカウントからの6球目、内角149キロ直球にうまく反応した。腰を回してジャストミートした大飛球は左翼席中段に着弾する1号ソロ。試合の均衡を一振りで破った。

「先頭でなんとか塁に出ようと思って、コンパクトなスイングを心掛けていました。ホームランは狙っていなかったですが、相手の一番いい球を打ち返すことができました。秋山、岩崎の同級生の2人が踏ん張ってゼロで抑えてくれていたので、1点取ることができて良かったです」

梅野は2試合ぶりの先発マスク。受けては先発秋山から2番手岩崎を好リードし、7回までヤクルト打線を無失点に抑えている。