<巨人5-5広島>25日◇東京ドーム

巨人桜井俊貴投手(26)が今季初登板で6回6安打2失点と試合を作った。2回、広島堂林に高めに浮いたチェンジアップを捉えられ先制の2ランを浴びたが、踏ん張った。

「ホームランを打たれた後、粘ることができたと思います。無四球でいけたことも良かったです。回を追うごとに腕も振れてきましたし、次につながる投球はできたと思います。今日以上の投球ができるように、シーズン通して、しっかりとした準備をしていきたいです。逆転はされましたが、チームが勝てるようにベンチから応援します」とコメントした。