◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト3×-1阪神(25日・神宮)

 阪神・藤川球児投手(39)が1点リードを守れず、今季初のサヨナラ負けを喫した。9回、四球とヒットで2死一、二塁のピンチを招くと、代打・西浦に左中間への1号3ランを浴びた。

 藤川は放物線を見上げると、マウンド上でしゃがみ込んだ。今季は通算250セーブにあと7と迫り、今季初セーブにあと1死までこぎつけたが、悲劇的なサヨナラ被弾となった。

 チームは2カード連続の負け越しで、借金は今季ワーストの4に膨らんだ。