◆オリックス-ロッテ(25日・ZOZOマリン)

 3年目のオリックス・広沢伸哉内野手(20)がプロ初安打を放った。

 「8番・遊撃」で20日の楽天戦以来となる今季2度目の先発出場。5回1死の第2打席、遊撃への当たりが内野安打となり、初めてHランプをともした。

 大分商から17年のドラフト7位で入団。これまで1軍出場はなかったが、今季は初めて開幕1軍メンバー入りを果たした。出場5試合目、6打席目(犠打2)で放った記念打に広沢は「打ったのはストレートです。少し詰まっていましたが、いいところに飛んでくれました。(プロ初安打について)4打席目と早めに出てくれてホッとしました」とコメントした。