オリックスのドラフト1位・宮城大弥投手(18)が25日、ウエスタン・阪神戦(甲子園)で初登板初先発を果たし、自己最速の150キロを更新する153キロをマークした。

 期待のルーキーが初マウンドで見せた。初回1死、島田の初球に151キロをマーク。これまでの自身の直球の最速は150キロだったが、初登板の打者2人目でいきなりMAXを更新した。島田を三振に斬った後、3番・小野寺への初球、力強く放たれたストレートは153キロを計時。立て続けに記録を塗り替え、潜在能力の高さを示した。

 2回までは1安打無失点だったが、3回に2死一、二塁から4番・井上に2点適時二塁打を浴びた。この回限りでマウンドを降りて3回4安打2失点。0封デビューとはいかなかったが、見せ場はつくった。

 同い年の高卒ルーキー、ロッテ・佐々木朗に対して「まだまだ実力で届かない選手。近づけるように頑張りたい」と謙虚に話していた背番号13。2軍とはいえ、プロでひと足先に公式戦デビューを果たした。ここからさらに鍛錬を重ねて、1軍のマウンドを目指す。