◆ソフトバンク―西武(25日・メットライフ)

 ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(35)が移籍後初の本塁打を放った。2回無死。本田のフルカウントからの7球目、低めスライダーを捉えると、打球は左翼席最前列で弾んだ。

 ダイヤモンドを一周し、ナインの前で新パフォーマンスの「ピーポーピーポー」を披露。開幕から4番に座る日本通算288本塁打の大砲が本領を発揮してきた。