楽天・石井一久GM(46)が25日、オンラインでの取材に応じ、ゼラス・ウィーラー内野手(33)と巨人・池田駿投手(27)のトレードが合意したことについて語った。

 今季は開幕1軍を外れていたウィーラーについては、「ウィーラー選手のようにキャリアをしっかり積んできた選手が1軍の舞台でできないというのは、どうしても心苦しかった」と説明。その上で「ウィーラー選手もプレーする環境がほしいという話もあったので、こちらからそういう環境を探していたのが、今回のトレードのいきさつです」と明かした。

 また、池田の獲得については「球の力も強いですし、左というところは手薄なスポット。活躍を期待したい」と力を込める。起用法については「映像での確認だけなので、自分で見て彼の適材適所を探してあげたい、活躍の場をどこだったらできるのかを探してあげたいなと思ってます」と話した。