巨人は25日、池田駿投手(27)と楽天のゼラス・ウィーラー内野手(33)の交換トレードが合意したと発表した。ウィーラーの背番号は「48」に決まり、30日に東京ドームで入団会見を行う予定だ。

 池田はヤマハから2016年度ドラフト4位で入団し、昨季まで通算62試合に登板。主にリリーフとしてマウンドに上がり、スライダーやチェンジアップを武器とする左腕だ。

 対するウィーラーは米ヤンキースから15年シーズンに加入し、今季まで1軍通算成績は596試合で、2112打数553安打、打率・262、106本塁打、345打点の成績を残している。17年にはベストナインに輝くなど実績十分で、新天地での活躍が期待される。

 池田は巨人軍を通じて「ジャイアンツファンの方々のご声援は今でも頭に残っております。チャンスをいただいた東北楽天ゴールデンイーグルスの期待に応えられるように全身全霊で頑張ります。温かいご声援をどうぞよろしくお願いいたします」とコメントした。