第102回全国高校野球選手権大会が新型コロナウイルスの影響で中止されたことを受けて、1チーム1試合の交流試合の実施を発表していた県高校野球連盟は24日、トーナメント方式に変更することを決めた。7イニング制を採用し、最高で8強まで決める。抽選会は7月7日。

 この日、県高野連は部長会議に続いて理事会を開いた。部長会議では、3年生らの強い要望を受け、トーナメント方式を希望する声が大多数だったという。理事会は、新型コロナで制限されていた様々な状況が緩和されてきたこともあり変更できると判断した。

 県高野連によると、試合の名称は「2020年栃木県高校野球交流試合」のままで変更せず、日程も予定通り7月18日~8月2日の土日と祝日の計8日間とする。

 試合会場は県営と清原のほか、栃木市営(とちぎ木の花スタジアム)も使用する。当初、1球場あたり1日2試合の予定だったが、7イニング制に変更し、1日3試合の実施も可能にした。日程的に8強を決める試合までが限度という。

 感染防止対策のため、試合は無観客の予定だったが、選手1人につき保護者2人の観戦を認めることにした。ベンチ入り選手は20人で、3年生だけで構成するチームの場合は全員のベンチ入りを認めるという点も変更しない。

 藤田光明理事長は「夏の甲子園と地方大会という大きな目標を失った3年生にとって、やってよかったと言ってもらえる試合にしたい」と話した。(中野渉)