新型コロナウイルスの影響で全国高校総体などの公式戦が中止になったことを受け、奈良県サッカー協会は24日、高校3年生に向けた独自の代替大会「NFAユースサッカーフェスティバル(3年生大会)」を開催すると発表した。参加チームを8ブロックに分け、それぞれの1位を決める。

 大会は7月4、5日▽11、12日▽18、19日▽25、26日の4節。参加チームが学校のテスト期間などを考慮して、いずれかの期間に出場できるようにした。同じ期間を希望した3~5チームで一つのブロックを組み、総当たり戦で順位を決める。会場は県フットボールセンターなど県内に限る。

 メンバーに高3生が1人以上入っていることが出場の条件。試合時間は60分。多くの3年生の出場機会を確保するため、交代人数の制限はない。4、5日は観客を控え部員のみとするが、11日以降は制限をなくす方針という。密になることを避け、大声の応援を控えるよう呼びかける。

 出場した3年生全員に記念品の贈呈も検討している。同協会の山口浩・専務理事は「主要な公式戦に参加できなかった3年生たちへ、区切りとなる活躍の場を作りたかった。活躍を期待しています」と話した。(平田瑛美)