「ヤクルト6-1阪神」(24日、神宮球場)

 開幕前の不安は現実となった。来日初登板初先発した阪神・ガンケルが4回7安打3失点で初黒星。シーズン本番でも炎上癖は顔を出し、試合後2軍落ちが決まった。

 立ち上がりからつまずいた。初回、坂口に中前打を浴び、山田哲へ四球。青木に左前に運ばれると、無死満塁から村上の一ゴロ、雄平の左犠飛で2失点。さらに山崎の左前打で痛恨の3点目を失った。

 「初回は気持ちが入りすぎてしまい、ボールをうまくコントロールすることができなかった。その後はボールを低めに集めることができたし、自分の投球ができていただけに初回の投球がもったいないし、悔やまれるよ」

 二回以降は無失点に抑えたが、得点力不足に陥るチームに、初回の3失点は重すぎた。矢野監督の評価も厳しい。次回登板について「現状ではないかな、オレの中では。ガルシアの方が状態はちょっと上なのかな」。開幕3戦目に先発したガルシアに続いてガンケルも5回持たず。開幕前に描いていた先発構想が揺らぎ始めた。