リオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレー金メダリスト萩野公介(25)=ブリヂストン=が24日、東京五輪の延期決定後初めて報道陣の取材にオンラインで応じ、「もし今年五輪が開かれていたら、厳しかった。準備の期間が増えたとプラスにとらえている」と心境を語った。

 萩野は、2016年のリオ五輪後に受けた右ひじ手術の影響などで極度の不振に陥り、19年3月からは約2カ月の休養をとった。8月には実戦復帰したが、本調子からはほど遠いレースが続いていた。新型コロナウイルスの影響で競技会再開の時期は見通せない。それでも萩野は「最近は切羽詰まった状況でレースを迎えていた。試合がないからこそ、ゆとりを持って練習に取り組める。大切にやっていきたい」と語った。