◆パ・リ-グ 楽天5―2日本ハム(24日・楽天生命パーク)

 日本ハムは楽天に逆転負けし、今季初の連敗を喫した。初先発したドラ1左腕・河野竜生(22)が勝利投手の権利目前の5回2死から、浅村に逆転3ランを被弾。プロの洗礼を受け、5回4安打4失点で降板した。打線は2回に中田の2号ソロ、3回に大田の適時打で2点を奪ったが、4回以降は沈黙。投手陣を楽に投げさせられなかった。

 のけぞりながら、河野は祈った。初勝利の権利まであと1球。夜空に舞い上がった白球の行方を追った。5回に1点を奪われ、なおも2死一、三塁。浅村をカウント1―2と追い込み、プロ初白星になんとか指をかけた。「自信を持って」投げ込んだ外角高め142キロの直球は、無情にも右翼フェンスを越えていった。

 1球の怖さを知った。試合を一瞬でひっくり返される逆転3ラン。「自信持っていったボール。あそこまで運ばれるってことは、自分に何か足りないのかなってことだと思う」。球界を代表する右打者に全球直球勝負。「変にかわすんじゃなくて。打者と配球的に真っすぐがいいと思った」。持ち味の負けん気を全面に押し出したが、裏目に出た。

 デビュー戦は5回86球を投げ、4安打4失点で敗戦投手に。丁寧にコーナーを突くあまり、申告敬遠を含め5四球と苦しんだ。走者を背負いながらも試合は作り、社会人NO1左腕の前評判は証明。3回には茂木から内角高め141キロの直球でプロ初三振も奪った。

 栗山監督は「勝たせてやりたかったよね。よく粘った。彼の良さみたいなものも見える試合だったと思う」。貴重な先発左腕として、今後も先発ローテの一角として期待する思いも明かした。「悔しいですね。あそこで粘って、抑えるのが、この世界で勝てる投手。次は粘れるように」と試合後は冷静に自己分析した河野。次回登板へ十分な期待を残すデビュー戦だった。(秦 雄太郎)