◆JERAセ・リ-グ ヤクルト6―1阪神(24日・神宮)

 ヤクルトはバレンティンが抜けた外野の一角を狙うプロ5年目の山崎が3安打2打点、盗塁も決めて猛アピールだ。

 開幕3連戦で先発出場の塩見に代わり、前日から2試合連続でスタメン。「チャンスをもらった試合で結果を出さないといけない立場」と、2点を先取した直後の1回2死二塁で適時打を放つと、一気に3打席連続安打。高津監督は「(塩見と)いい方を使っていく。競争しないと活性化しない」と、チーム内の熱い戦いに期待している。