Jリーグの村井チェアマンと東京都内に本拠地を置く各クラブ代表者が24日、東京都庁で小池百合子知事を表敬訪問し、リーグ戦の再開を報告した。村井チェアマンは感染症対策を徹底した中での再開を約束。

 Jリーグが2週間ごとに選手らのPCR検査を実施することで「五輪やパラリンピックに備えるアスリートの健康管理や感染防止に役立つのであれば、医学界を通じてスポーツ界にも提供したいと申し出た」と語った。小池知事は「スポーツの力で元気にしていこうということで、都民の皆さんもファン・サポーターの皆さんも心待ちにしていると思います」と歓迎した。