◆楽天5―2日本ハム(24日・楽天生命)

 楽天の新守護神・森原康平投手(28)がプロ初セーブを飾った。

 5―2の9回に登板。先頭の3番・近藤、続く4番・中田をいずれも左飛に仕留めると、最後は渡辺をスライダーで遊ゴロに封じた。「結構冷静に、しっかり先頭を取ることとバランス、制球を考えて投げてました」。中軸を相手に、難なく役割を果たした。

 伊藤投手チーフコーチは右腕について「初セーブを挙げられたのは非常に大きいと思うよ。3点差あって楽な場面だったかもしれないけど、『特別な空間』でもあると思うし、そこでしっかり結果を残したというのは自信になると思う。非常に良かった」とたたえていた。