<ヤクルト6-1阪神>◇24日◇神宮

ヤクルトはスアレス、阪神はガンケルの先発。ヤクルトは1回、打線がつながり3点先制。阪神は3回、糸井の併殺打の間に1点。

ガンケルは4回3失点で降板。ヤクルトは5回、山崎の適時打と、エスコバーの内野ゴロで2点。6回は坂口の1号ソロで加点。

ヤクルトが連敗を2でストップ。スアレスが6回1失点で1勝目。阪神は打線が1得点と奮わなかった。ガンケルが1敗目。