◆イースタン・リーグ 日本ハム2―5楽天(24日・鎌ケ谷スタジアム)

 日本ハムの吉田輝星投手(19)が24日、2軍の楽天戦に先発。5回6安打3失点、2奪三振の内容だった。

 初回にこの日最速となる146キロをマークし、三者凡退の立ち上がり。しかし2、4回と先頭打者の出塁を許した回に失点し、1点リードを許した状態で5回を投げきり降板。「(反省は)点数を取られた回だけです。先頭打者を出しているので、ちょっと慎重になりすぎたところがあった」と反省しつつ、「決めにいく時はいい球がいっていた」と振り返った。

 今後も2軍の先発ローテーションとしてイニング、球数を増やしながら1軍昇格へのアピールを続ける。1軍の楽天戦(楽天生命)前に、内容を確認した栗山監督は「結果を求めるために、いいところを出すんだよ。自分の良さが出ればまとめられるし、イコールにしないといけない」とさらなる成長を期待した。