ルーキーコンビが世界への飛躍を誓う。

ノルディックスキー・ジャンプの土屋ホームに、4年ぶりに2人の新人が加入した。小林龍尚(18)は18-19年W杯で日本人男子初の個人総合覇者になった小林陵侑(23)の弟。竹花大松(18)は複合から純ジャンプに専念する。葛西紀明(48)が監督を務める名門で、新人2人が切磋琢磨(せっさたくま)し「世界一」「打倒レジェンド!」を目指す。

  ◇  ◇  ◇

竹花は純ジャンプに専念する。東海大札幌高までは複合と2種目に取り組んでいた。複合では全国高校準優勝の実力があるが「未練はないです。これから世界を狙うなら得意なジャンプ一本に絞る」と決意した。「あこがれの土屋ホームに入社できてうれしいけど、ここからがスタート。たくさんいい成績を残す」と社会人1年目に臨む。「選手としての背中を見て学ばせてもらっている」と尊敬する葛西を目標に「打倒レジェンド!」と掲げた。

自慢は複合の距離で鍛えられたメンタルと体力だ。「複合のほうが練習量が多かった。長いシーズンを乗り越える体力はジャンプにつながると思う」と自信を持つ。タフな精神力でジャンプへ集中すれば、成長が見込める。「ずっと小学校から戦っている」という同期の小林龍にもライバル心を燃やす。

今季出場資格が最終年となる世界ジュニア選手権や今後目指していく五輪へ「金メダルを目標に頑張りたい」と誓う。一位(いちい)の別名がある水松。その木を由来に「大きな松のように1位の男になれ」と父智さんに名付けられた名前のように、さらにたくましく育っていく。

○…土屋ホーム監督の葛西はチームのホープ2人に「世界で戦える選手になるって期待感がある」と可能性を感じている。小林龍について「陵侑に似てるジャンプをしている。陵侑と同じくらい反応がいい。化ける確率がある」と評価。竹花については「純ジャンプで通用するジャンプ選手になれる」と評し、複合で鍛えられた上半身の筋肉を落とし、下半身強化に取り組ませる方針だ。