◆楽天―日本ハム(24日・楽天生命パーク)

 日本ハムのドラフト1位左腕・河野竜生投手(22)が、プロ初勝利目前で力尽きた。2点リードの5回裏。2死から鈴木大の中前適時打で1点を失い、なおも一、三塁。単打でも同点の場面で打席は4番・浅村。3球で追い込み、カウント1―2とした。プロ初白星となる勝利投手の権利獲得まであと1ストライク。外角高めに投じた142キロの直球は、快音を残し右翼フェンスを越えていった。

 痛恨の逆転の3ランを被弾。続く島内を左飛に仕留め、5回を投げきったところで降板した。デビュー戦は5回4安打4失点で5四球。登板前日は楽天の右打者を警戒。浅村やブラッシュの長距離砲との対戦に「ランナーをためても、ヒットは必ず打たれると思うが、粘って何とかチームの勝利に貢献できるように頑張りたい」と意気込んでいた左腕が、あと1球に泣いた。