◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト―阪神(24日・神宮)

 阪神の新外国人、ジャスティン・ボーア内野手(32)の第2打席は見逃し三振。デビューから18打席ノーヒットとなり、23日に更新した球団助っ人野手ワースト記録をさらに更新した。

 2点を追う4回1死。右腕・スアレスに対し、1ストライクから直球を2球連続をファウル。最後は136キロのスライダーが外角低めに決まり、ガックリと肩を落とした。

 23日のヤクルト戦(神宮)では4打数無安打に終わり、開幕4試合ノーヒット。83年のランディ・バースのワースト記録(15打席無安打)を37年ぶりに更新し、この日の第1打席も三飛に倒れていた。