「ヤクルト-阪神」(24日、神宮球場)

 開幕からノーヒットが続く阪神の新外国人ボーア。二回無死一塁で回ってきた第1打席は三飛、四回1死の第2打席は見逃し三振に倒れ、開幕からの連続無安打は18打席となった。

 外角への変化球を自信満々に見送ったが、主審はストライクのコール。B砲は納得のいかないような表情を浮かべながらベンチに戻った。

 前日にはあのバースが記録した15打席連続の球団新外国人連続無安打記録を更新。苦手とされる左腕相手では春季キャンプから25打席無安打となっていた。ヤクルト先発は右腕のスアレスだが、なかなか快音が響かない状況だ。