「イースタン、巨人-ヤクルト」(24日、ジャイアンツ球場)

 巨人の若林がこの試合2本目の本塁打を放った。

 六回の先頭で打席に立ち先発・山中の114キロのボールをフルスイング。打球はどんどん伸びて右翼後方のブルペンまで到達した。若林は「有利なカウントだったのでミーティング通り思い切っていきました。いい追加点になってよかったです」とコメントした。

 チームは山中に対して一発攻勢。ここまで、若林が2発、ウレーニャ、モタにもそれぞれ一発が飛びだしている。