J1神戸のFW藤本憲明(30)が24日、神戸市内で行われた非公開練習後にオンラインでの取材応じ、今季の目標として自己最多に並ぶ24得点を掲げた。

 J1初挑戦となった昨季は大分で21試合8得点を挙げ、夏に神戸へ完全移籍した。神戸では7試合1得点だったが、元日の天皇杯決勝では神戸を初優勝に導くゴールを決めるなど勝負強さは健在だった。今季の目標を問われた藤本は17年にJ3鹿児島で記録した24得点(得点王)を挙げ「そこに近付ければ」と得点量産を描いた。

 20日にノエビアスタジアム神戸で行われた練習試合(非公開)では45分間プレーし、ゴールこそ奪えなかったが「久しぶりにフルのピッチでできた。動き出しの感じもつかめたので良かった」と手応えをにじませた。

 今季はJ1清水からFWドウグラスも加入し、前線の定位置争いは熾烈を極めるが、過密日程もあってフィンク監督は総力戦を強調している。藤本は「必ずチャンスが来ると考えている。ゴールが一番分かりやすい結果。自分としてもこだわっていきたい」と点取り屋の本能を研ぎ澄ませた。