◆イースタン公式戦 巨人―ヤクルト(23日・G球場)

 巨人2軍は、イースタンのヤクルト戦(G球場)の初回に、若林晃弘遊撃手(26)の2号2ランで先取点を奪った。

 阿部慎之助2軍監督(41)の公式戦初白星を狙う今季3試合目。初回に松原の中前安打などで1死一塁とすると、「3番・遊撃」で先発した若林が、ヤクルト先発の下手投げ右腕・山中の121キロを、右翼に運んだ。これまでのイースタン3試合では、全試合で安打を放って打点を挙げ、早くも2本目となる本塁打を放つなど好調を維持し、「打ったのは真っすぐです。ミーティング通りに目付をしっかりとして打席に入りました。先制できてよかったです」とコメントした。

 二塁手として1軍入りを狙う若林。1軍ではこれまで開幕4試合で吉川尚、湯浅、北村が先発出場している。ベンチには増田大や田中俊も控えるなどレギュラー争いは激化しているが、若林もファームで猛アピールを続けている。