プロ野球オリックスで活躍した藤井康雄氏(57)が23日、大阪・関西創価の硬式野球部のコーチに就任していたことが分かった。24日から指導にあたる。当初は4月からコーチとして活動予定だったが、新型コロナウイルスの影響もあり24日がコーチとしての初日となる。

 藤井氏は現役時代、ミスターブルーウェーブの愛称でも親しまれ、満塁弾14本を含む通算282本塁打を記録した強打者。現役引退後はオリックスやソフトバンクで1軍打撃コーチも務めた。