巨人の小林誠司捕手(31)が23日、都内の病院で「左尺骨骨折」と診断され、出場選手登録を抹消された。21日の阪神戦(東京ドーム)で四回に左肘付近に死球を受け、五回の打席では守屋から左前腕に死球を受けていた。骨の癒合まで3~4週間かかる見込み。

 原監督は「あれだけ(痛みに)強い男が痛いと言ってきた。レントゲンを撮ったら、やっぱり骨折していた」と話した。代わって3年目の岸田行倫捕手(23)が出場選手登録された。